館山、南房総グルメ 【里見茶屋】

今日から原料のお米をさらにグレードアップしましたので、おだんごのもちもち感が増し、味も美味しくなりました。

今日から原料のお米をさらにグレードアップしましたので、おだんごのもちもち感が増し、味も美味しくなりました。
房州里見だんごを作るためのお米は、うるち米ですので、普段みなさんが食べているご飯と同じです。
しかし、おだんごにする場合は、必ずしも「食べて美味しいお米=美味しいお団子」ではありません。
ましてや、高いお米が美味しいとも限りません。以前、特別厳選した長狭米で作ったこともありましたが、今ひとつでした。
里見茶屋では、以前から館山産のコシヒカリ系の美味しいお米から作りたいと研究しておりましたが、どうしてもうまくいきませんでした。
今回やっと成功して、ツヤがあって、もちもち感が増して、旨みもしっかり引き出すことができるようになりました。
原料費がだいぶ上がってしまうので、経営的には悩みの種が増えますが、お客様に一層美味しいお団子を食べていただきたくて、変更させていただきました。
ぜひ、リニューアルしてより美味しくなった「房州里見だんご」を食べてみてください。